【投資初心者にオススメ】SBIネオモバイル証券の魅力を徹底紹介!!

こんにちは、ヨッシーです。

あなたは株式をお持ちでしょうか。

日本株式の場合、単元株取引(100株単位)と単元未満株取引(1~99株)があります。

単元株取引の場合、資金が足りず、欲しい銘柄が手に入らないことが多いですが、単元未満株取引の場合、1株から買えるので、少額で取引ができます。

ただ、以前までは単元未満株取引だと手数料の問題がありました。

1株取引したとすると、それだけで50円の手数料がかかります。(証券会社によって異なります)

欲しい銘柄が10銘柄あるとすると、それだけで10×50で500円もかかってしまいます。

これじゃあ手数料がもったいないですよね。

そんな時に登場したのが、『SBIネオモバイル証券』です。

この記事では、私がSBIネオモバイル証券をオススメする理由をお伝えしていきます。

定額制で取引可能

SBIネオモバイル証券は、月額220円(税込)で月50万円までの取引が可能です。

欲しい銘柄が10銘柄あったとしても、月50万円を超えなければ、月額220円(税込)で取引できます。

コツコツ投資していく際には、必須の証券会社だと言えます。

余談ですが、月50万円を超えると金額に応じた以下の手数料がかかります。(超えることはないはず)

  • 50万円超〜300万円以下→1,100円(税込)
  • 300万円超〜500万円以下→3,300円(税込)
  • 500万円超〜1000万円以下→5,500円(税込)
  • 以降、100万円毎に1,100円(税込)が加算(上限なし)

また、取引をしない場合でも、月額220円(税込)かかるので要注意。

手数料の支払いには、クレジットカードでの登録が必要なのでご注意ください。

Tポイントが毎月200Pもらえる

毎月Tポイントが200Pもらえます。

月額220円(税込)なので、実質20円で取引ができます。

Tポイントを使って取引可能

毎月もらえるTポイントを含め、普段使いで貯めたTポイントを使って、株式購入に充てることができます。

ポイント投資初心者の方にとっても、少額で取引できるので、オススメです。

積立投資ができる

欲しい銘柄を毎月1株購入する。

欲しい銘柄を毎月3000円分購入する。

こういった、株数指定や金額指定で積立投資ができます。

1度設定してしまえば、口座に金額分入金さえされていれば、ほったらかしで購入してくれます。

また、毎月決まった株数や金額を購入することでリスク分散にもつながります。

ひとかぶIPO

IPOとは新規公開株式のこと。

通常、IPOも単元株(100株)単位でしか申し込みができませんが、ネオモバに関しては、1株から可能。

申し込みをし、抽選され、当選すれば購入可能。

私は宝くじ感覚で申し込みをしています。

申し込みにはネオモバの専用スマホアプリをダウンロードする必要があります。

まとめ

SBIネオモバイル証券をオススメする理由として5つ紹介しました。

  • 定額制で取引可能
  • Tポイントが毎月200Pもらえる
  • Tポイントを使って取引可能
  • 積立投資ができる
  • ひとかぶIPO

投資初心者の方には、少額で取引ができるので安心ではないでしょうか。

株式取引をしていると、株価や経済ニュースに興味を持つようになります。

私の場合はそうでした。(個人による)

単元株取引を行う前に、SBIネオモバイル証券で株式に慣れるという意味で単元未満株取引に挑戦してみてはいかがでしょうか。

それでは、また。

SBIネオモバイル証券を利用した一つのやり方を次の記事で紹介しています。気になる方は、ぜひ一度ご覧ください。

【必見】ネオモバを利用したコツコツ投資法

投資にはリスクをともないます。

株価下落リスク、減配・無配リスク、優待廃止リスクなど様々なリスクがあります。

投資する際には十分承知の上、自己責任でよろしくお願いします。

よろしければ応援クリックして頂けると
↓めっちゃ嬉しいです↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

にほんブログ村
関連記事