お得・節約

【SBI証券×住信SBIネット銀行】米国株をお得に売買する方法 

こんにちは、ヨッシーです。

米国株を取引するにあたり、手数料を気にする方は多いのではないでしょうか。

通常、大手ネット証券において、円をドルに換える際、1ドルあたり片道25銭の手数料がかかります。

この手数料をもう少し安くしたい方は、SBI証券と住信SBIネット銀行を利用した方法があります。

米国株をこれから始める方、米国株を始めているが手数料を少しでも安くしたい方は、ぜひご覧ください。

主な流れ

まずはSBI証券と住信SBIネット銀行の口座開設を行いましょう。

少し手間に感じてしまうかもしれませんが、一度開設してしまえばお得に米国株が買えますよ。

口座開設が終わったら、

①住信SBIネット銀行の外貨普通預金から円をドルに換えます。

②換えたドルをSBI証券に移します。

③SBI証券で米国株を購入する。

こういった流れとなります。

手数料は?

住信SBIネット銀行で円をドルに換える場合、1ドルあたり片道4銭の手数料がかかります。

通常、大手ネット証券だと25銭なのでものすごくお得ですね。

さらにお得にする方法

住信SBIネット銀行の外貨積立を利用します。

外貨積立を利用することで、1ドルあたり片道2銭の手数料となります。

お得に米国株取引がしたい方は、外貨積立をオススメします。

外貨積立の特徴

  • 最低500円から積立ができる
  • 毎日、毎週、毎月と自分に合わせた設定ができる

住信SBIネット銀行には定額自動入金サービスがあるので、自分の他行口座から指定金額を引き落とし、自動で住信SBIネット銀行口座内に入金してもらえます。

このサービスを利用して、外貨積立をすることで、住信SBIネット銀行口座内に円預金がなくなることを防ぎます。

外貨積立と定額自動入金サービスは併用するといいですね。

私は、両方利用しています。

私の場合、外貨積立は、毎週水曜日に1,000円分を積み立てる設定にしています。

その理由は、毎月1株、とある銘柄を購入する為。

その株式は、1株分の値段的に4,000円分のドルがあれば買えます。

なので毎月4,000円分のドルになるように設定したわけです。(曜日はあまり関係ありません)

※株価上昇や為替相場によって買えない可能性もありますが…。

とある銘柄について気になる方は次の記事をご覧ください。

【SBI証券】米国株式の定期買付サービスを使ってみた

まとめ

米国株を安く売買する方法について解説しました。

米国株を少しでも安く売買したいと思っている方は、SBI証券と住信SBIネット銀行を利用した方法を実践してみてください。

外貨積立が面倒だと思う方は、その都度、外貨に換えるのもアリです。

自分に合ったやり方を見つけてくださいね。

それでは、また。

SBI証券の口座開設は下記からできます。

投資にはリスクを伴います。

株価下落リスク、減配・無配リスク、為替リスクなど様々なリスクがあります。

投資する際には十分承知の上、自己責任でよろしくお願いします。

関連記事