米国株

【SBI証券】米国株式の定期買付サービスを使ってみた

こんにちは、ヨッシーです。

SBI証券には、米国株の定期買付サービスがあることはご存知でしょうか。

このサービスがあることは知っていたのですが、米国株は主に楽天証券をメインにしているため、特に必要はないかなと思っていました。

そんな私がなぜ、このサービスを利用しようと思ったのかその理由と買付していく銘柄を紹介します。

米国株の定期買付サービスについて気になる方は、ぜひご覧ください。

米国株の定期買付サービスとは?

銘柄毎に指定した、設定株数や設定金額に合わせて、定期的に買い付けする取引サービス。

日付指定や曜日指定ができ、自分にあった柔軟な設定ができます。

もし買う銘柄が決まっていて、毎月○株分や毎月○万円分購入など決めているなら、一度設定してしまえば、あとは自動で購入してくれるのでおすすめです。(ドルの入金は手動ですが)

※設定金額は単元株数の金額に満たないと購入されません。

例えば、日本円で1株3,000円の株式を2,000円分購入してくださいという設定だと1株3,000円の金額に満たない為、購入されません。

※米国株は1株単位。

利用する理由

SBI証券で米国株を購入するメリットは、なんと言っても住信SBIネット銀行を組み合わせた購入方法。

円をドルに換える際、大手ネット証券だと通常25銭かかりますが、住信SBIネット銀行経由で行うと、これが4銭で済みます。

これに加えて、定期買付サービスを利用すれば、欲しい銘柄を設定しておくだけで、自動的に買付を行ってくれるのは便利だなと思ったのが利用する理由です。(ドル転は手動で行います)

これは利用しない手はないなと思いました。

手数料を安く抑えつつ、ドルさえ入金しておけば、あとは自動で買付を行ってくれます。

※ドル転とは、円をドルに転換すること。

定期買付していく銘柄

定期買付していく銘柄は1銘柄のみ。

BTI(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)

です。

その理由は、

  • 高配当であること
  • ADR銘柄であること
  • 買いやすい価格であること

この3点に尽きます。

1銘柄を選択するにあたって、個別株かETFか迷いました。

個別株よりもETFの方が、リスクを抑えることはできますが、もう少しリスクを取りたい。

それなら個別株の方がいいかもという安易な発想です。

個別株を選択する際は、高配当は必須であとは税金面。

それを考えると、外国税が0%のADR銘柄を選ぶことでした。

ADR銘柄に関しては次の記事をご覧ください。

【税制優遇】米国株〜ADR銘柄〜

なおかつ買いやすい価格

そうなると必然的にBTIが選択肢に上がりました。

1銘柄にした理由は、楽天証券で米国株をメイン口座としているため。

あくまでもこの買付サービスを利用したかったからです。

毎月1株の設定ですが、コツコツ投資していきたいと思います。

BTIから得られる配当金に関しても、BTIに再投資していきます。

まとめ

SBI証券の米国株式定期買付サービスについて解説しました。

私の場合、BTIを選択しましたが、あなたならどの銘柄に投資しますか?

このサービスと住信SBIネット銀行を組み合わせた方法なら米国株を安く売買できます。

詳しくは次の記事をご覧ください。

【SBI証券×住信SBIネット銀行】米国株をお得に売買する方法

これから米国株を始める方は、一つの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

それでは、また。

投資にはリスクをともないます。

株価下落リスク、減配・無配リスク、為替リスクなど様々なリスクがあります。

投資する際には十分承知の上、自己責任でよろしくお願いします。

よろしければ応援クリックして頂けると
↓めっちゃ嬉しいです↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

にほんブログ村
関連記事