毎月配当

【米国株】ADR銘柄で作る毎月配当ポートフォリオ

こんにちは、ヨッシーです。

あなたは毎月配当に興味がありますか?

米国株で毎月配当ポートフォリオを作る際、配当月が違う銘柄を最低でも3銘柄、選ぶ必要があります。(毎月配当の銘柄を除く)

それを今回は、ADR銘柄で作ろうとこの記事を作成しています。

ADR銘柄についてはこちらの記事をご覧ください。

通常、米国株の配当には、日本の税率の他に米国の税率がかかってきます。

この米国の税率がかからない国の銘柄(ADR銘柄)を選び、浮いた税率分、少しでも配当を多くもらおうと思ったのがこの記事の趣旨でもあります。

毎月配当に興味がある方、浮いた税率分(10%分)配当を多くもらいたい方はぜひご覧ください。

1,4,7,10月配当銘柄

GSK

グラクソスミスクライン。

シュミテクトで有名な会社。

  • 株   価:39.75ドル
  • 配当利回り:5.33%

2,5,8,11月配当銘柄

BTI

ブリティッシュアメリカンタバコ。

ケント(タバコの銘柄)で有名な会社。電子タバコではグローを取り扱い。

  • 株   価:36.95ドル
  • 配当利回り:8.08%

3,6,9,12月配当銘柄

RDS-B

ロイヤルダッチシェル。

貝のロゴマークで有名な石油会社。

スーパーメジャー6社の内の一つ。(石油関連企業で特に資本が大きい会社のこと)

  • 株   価:39.37ドル
  • 配当利回り:4.88%

BP

ビーピー。

スーパーメジャー6社の内の一つ。

  • 株   価:24.50ドル
  • 配当利回り:5.35%

UL

ユニリーバ。

DoveやLUXで有名な会社。

  • 株   価:54.73ドル
  • 配当利回り:3.68%

※2021年9月12日時点の株価を参照。

※株価、利回りは、「Bloomberg」より参照

3,6,9,12月配当銘柄のみ、3銘柄あります。(その他もあるかもしれませんが、ご了承ください)

高配当のエネルギー銘柄であるRDS-BBPを選ぶか、安定性の生活必需品銘柄であるULを選ぶか、人それぞれ好みが分かれます。

自分に合った銘柄を選んでください。

まとめ

ADR銘柄で毎月配当ポートフォリオを作れば、もらえる配当は米国の税率分(10%)浮くので、少しばかり増えます。

小さな金額かもしれませんが、この積み重ねが大きな違いを生み出すのは間違いないでしょう。

コツコツ投資でADR銘柄を増やしていきたいですね。

あなたも自分のポートフォリオの一部に組み入れを検討してみてはいかがでしょうか。

それでは、また。

2021年7月3日にKindle出版しました。

Kindle Unlimitedご利用の方に推奨します。

Kindle Unlimitedに初めて登録される方は
初回30日間無料体験あり。

この機会にぜひ登録のご検討を!!

投資にはリスクをともないます。

株価下落リスク、減配・無配リスク、為替リスクなど様々なリスクがあります。

投資する際には十分承知の上、自己責任でよろしくお願いします。

よろしければ応援クリックして頂けると
↓めっちゃ嬉しいです↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

にほんブログ村