配当金

【注目】株式を継続的に買う重要性

こんにちは、ヨッシーです。

あなたは株式を購入していますか?

私は、毎月の収入の一部を株式の購入に充てています。

主に日本株や米国株など株主優待や配当を目的に投資しています。

なぜ私が株式を継続的に購入しているのか?

その重要性について解説します。

一冊の本との出会い

株式を継続的に購入しているのは、一冊の本がきっかけでした。

それは、ロバートキヨサキさんの金持ち父さん貧乏父さん。

その中の一節で

あなたのポケットにお金を入れてくれるのが資産。

あなたのポケットからお金をとっていくのが負債。

この言葉をきっかけに資産とは何なのかを考えるようになりました。

株式なら購入するだけで配当金や優待がもらえます。(もらえる企業に限る)

  • 日本株式なら配当+株主優待
  • 米国株なら四半期配当

上手く組み合わせれば、毎月配当や毎月優待だって可能です。

株式を買うだけで配当金というお金や株主優待がもらえるということは資産になりますよね。

毎月のルーティーンとして株式をひたすら買っていくのみ。

もちろん減配リスクや株価下落のリスクなどあります。

それでも企業が倒産さえしなければ紙切れになることはありません。

株式への投資は不動産よりやりやすい

車を持っている方なら、自動車税などお金を払って乗っています。(負債)

自分の持ち家なら、固定資産税などお金を払って住んでます。(負債)

それが、貸し出すなどして賃貸収入があれば、それは資産となります。

その賃貸収入から税金など払い、余ったお金は別のことにだって使えます。

ただ、不動産などの場合、少し金額が大きいというのもありますが、融資を受けてチャレンジしなければいけません。

その勇気は私には現時点ではないので、株式への投資なら不動産に比べて、行動に移しやすいと感じます。

株式への投資なら今では1株または100円から投資は可能です。

  • 1株から投資するならSBIネオモバイル証券
  • 100円から投資するなら日興フロッギー

次の記事でそれぞれの特徴を紹介しています。

ネオモバVSフロッギー!どちらの口座を開設すべきか? こんにちは、ヨッシーです。 日本株の単元未満株取引においては欠かせない2つの証券会社。 【SBIネオモバイ...

まとめ

私は株式という資産を買っています。

株式を買うことで配当金や株主優待がもらえる。

それは私のポケットにお金(株主優待も含む)を入れてくれる資産であるということ。

何事もコツコツと継続する。

株式をコツコツと増やしていければ、そのぶん配当金額だって増えます。

投資を始めた最初のうちは配当金額が小さいかもしれません。

私もそうでした。

本格的に投資を始めたのが2019年6月ごろ。

SBIネオモバイル証券ができたころから始めました。

SBIネオモバイル証券のメリットは次のとおり。

  • 1株から購入できる
  • 月50万円までの投資なら、月額220円(税込)で取引可能
  • Tポイントが毎月200Pもらえる
  • 月50万円まで実質20円(税込)で取引可能(月額税込220円−Tポイント毎月200Pもらえる分)
  • Tポイントを利用して取引可能
  • 個別株の積立投資ができる(スマホアプリ専用)
  • 1株単位でIPO(新規公開株)に申し込みができる(スマホアプリ専用)

私はSBIネオモバイル証券を日本株式のメイン口座として使っています。

コツコツと継続的に株式を購入していったことで2020年は年間配当金で10万円を超えることができました。

【2020年】年間受取配当金公開 こんにちは、ヨッシーです。 2020年の年間受取配当金が確定しました。 2020年は、いろんな出来事があり...

月々で換算すると9,165円。(記事内の金額を12等分した数値)

これをどう見るかはあなた次第。

少しずつ継続購入していった成果ですね。

あなたも少しずつ株式を購入し、配当金や株主優待を受け取ってみてはいかがでしょうか?

給与所得とは別に配当所得があると嬉しい気持ちになりますよ。

あと株主優待も。

この記事を通じて投資するきっかけになれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

それでは、また。

こちらの記事もあわせてお読みください。

配当金投資はRPGのようなもの

投資にはリスクを伴います。

株価下落リスク、減配・無配リスク、為替リスクなど様々なリスクがあります。

投資する際には十分承知の上、自己責任でよろしくお願いします。

関連記事