米国株

【米国株】S&P信用格付け

こんにちは、ヨッシーです。

あなたは米国株投資をする際、銘柄選定はどのようにしていますか?

私は主に連続増配高配当などに注目し、投資をしています。

その理由は、配当再投資を行いたいから。複利の恩恵を受けるには、やはりこの方法しかないと思ったからです。

それ以外にも、銘柄選定における一つの材料としてS&P信用格付けがあります。

今回は、S&P信用格付けについてと代表的な銘柄の格付けも紹介しますので、気になる方は、ぜひ最後までご覧ください。

それでは、見ていきましょう。

S&P信用格付けとは?

S&P信用格付けとは、S&P グローバル・レーティングとその関連会社(「S&P」と総称)が国や企業などの債務返済能力を記号で示したもの。

記号は以下の通り。

AAA債務者がその金融債務を履行する能力が極めて高い
AA債務者がその金融債務を履行する能力が非常に高く、最上位の格付けとの差は小さい
A債務者がその金融債務を履行する能力は高いが、上位2つの格付けに比べ、事業環境や経済状況の悪化の影響をやや受けやすい
BBB債務者がその金融債務を履行する能力は適切であるが、事業環境や経済状況の悪化によって債務履行能力が低下する可能性がより高い
BB債務者は短期的により低い格付けの債務者ほど脆弱ではないが、高い不確実性や、事業環境、金融情勢、または経済状況の悪化に対する脆弱性を有しており、状況によってはその金融債務を期日通りに履行する能力が不十分となる可能性がある
B債務者は現時点ではその金融債務を履行する能力を有しているが、「BB」に格付けされた債務者よりも脆弱である。事業環境、金融情勢、または経済状況が悪化した場合には債務を履行する能力や意思が損なわれやすい
CCC債務者は現時点で脆弱であり、その金融債務の履行は、良好な事業環境、金融情勢、および経済状況に依存している
CC債務者は現時点で非常に脆弱である
R財務上の問題が理由で規制当局の監督下に置かれている債務者に付与される格付け
SD,D債務者の金融債務の少なくとも一部(格付けの有無を問わない)が履行されないことを示す
出典元:米国会社四季報より

※AAからCCCまでの格付けには、プラス(+)記号またはマイナス(−)記号が付与されることがあり、格付けの中での相対的な強さを示す。

簡単に言えば、AAAに向かうほど優良企業であるということ。

AAAの格付けは2社のみ

S&P信用格付けにおいてAAAの企業は2社のみ存在します。

その企業がこちら。

  • MSFT
  • JNJ

それぞれ簡単に紹介します。

MSFT(マイクロソフト)

米国のソフトウェア開発販売会社。

Windowsで有名。

情報技術セクター。

  • 株 価:240.97ドル
  • 利回り:0.92%
  • 配当月:3,6,9,12月

JNJ(ジョンソン・エンド・ジョンソン)

米国のヘルスケア製品メーカー。

バンドエイドで有名。

ヘルスケアセクター。

配当王銘柄。

  • 株 価:162.98ドル
  • 利回り:2.49%
  • 配当月:3,6,9,12月

AA+の格付け

AAPL(アップル)

米国のIT機器大手。

アップル製品(iPhone、iPad、Macbook等)で有名。

情報技術セクター。

  • 株 価:129.87ドル
  • 利回り:0.63%
  • 配当月:2,5,8,11月

AAの格付け

XOM(エクソン・モービル)

米国最大手のエネルギー会社。

スーパーメジャー6社の内の1社。

※スーパーメジャーとは、石油関連企業で特に資本が大きい会社のこと。

エネルギーセクター。

配当貴族銘柄。

  • 株 価:52.37ドル
  • 利回り:7.20%
  • 配当月:3,6,9,12月

CVX(シェブロン)

米国大手のエネルギー会社。

スーパーメジャー6社の内の1社。

エネルギーセクター。

配当貴族銘柄。

  • 株 価:95.80ドル
  • 利回り:5.80%
  • 配当月:3,6,9,12月

AA−の格付け

PG(プロクター&ギャンブル)

世界最大の生活必需品メーカー。

日本では、パンパースやアリエール等で有名。

生活必需品セクター。

配当王銘柄。

  • 株 価:127.12ドル
  • 利回り:2.45%
  • 配当月:2,5,8,11月

V(ビザ)

米国の大手クレジットカード決済サービス企業。

VISAカードで有名。

情報技術セクター。

  • 株 価:204.73ドル
  • 利回り:0.61%
  • 配当月:3,6,9,12月

A+の格付け

KO(コカ・コーラ)

世界最大の清涼飲料メーカー。

生活必需品セクター。

配当王銘柄。

  • 株 価:50.11ドル
  • 利回り:3.35%
  • 配当月:4,7,10,12月

MMM(スリーエム)

米国の化学・電気素材メーカー。

ポスト・イットで有名。(粘着ふせん)

資本財セクター。

配当王銘柄。

  • 株 価:176.54ドル
  • 利回り:3.34%
  • 配当月:3,6,9,12月

Aの格付け

PM(フィリップモリス)

世界最大のタバコメーカー。

米国以外の国での製造、販売を行う。

iQOSで有名。

生活必需品セクター。

  • 株 価:85.45ドル
  • 利回り:5.74%
  • 配当月:1,4,7,10月

KMB(キンバリー・クラーク)

米国の日用品メーカー。

クリネックスのブランドで有名。(ティッシュペーパー)

生活必需品セクター。

配当貴族銘柄。

  • 株 価:130.63ドル
  • 利回り:3.47%
  • 配当月:1,4,7,10月

A−の格付け

SO(サザン・カンパニー)

公益事業持株会社。

電力・ガス・通信と事業を展開。

公益事業セクター。

持株会社とは、他の株式会社を支配する目的で、その会社の株式を保有する会社を指す。

Wikipediaより引用

  • 株 価:59.31ドル
  • 利回り:4.24%
  • 配当月:3,6,9,12月

DUK(デューク・エナジー)

米国大手の電力・エネルギー会社。

公益事業セクター。

  • 株 価:88.43ドル
  • 利回り:4.09%
  • 配当月:3,6,9,12月

BBB+の格付け

ABBV(アッヴィ)

新薬の研究開発を行う米国のバイオ医薬品企業。

ヘルスケアセクター。

配当貴族銘柄。

  • 株 価:105.01ドル
  • 利回り:4.79%
  • 配当月:2,5,8,11月

VZ(ベライゾン・コミュニケーションズ)

米国の大手電気通信事業者。

日本で言うKDDIのような企業。

通信サービスセクター。

  • 株 価:56.45ドル
  • 利回り:4.55%
  • 配当月:2,5,8,11月

BBBの格付け

T(AT&T)

米国の通信業持株会社。

通信サービスセクター。

配当貴族銘柄。

持株会社とは、他の株式会社を支配する目的で、その会社の株式を保有する会社を指す。

Wikipediaより引用

  • 株 価:29.00ドル
  • 利回り:7.20%
  • 配当月:2,5,8,11月

GIS(ゼネラル・ミルズ)

米国の大手食品会社。

ハーゲンダッツで有名。

生活必需品セクター。

  • 株 価:56.50ドル
  • 利回り:3.59%
  • 配当月:2,5,8,11月

BBB−の格付け

LEG(レゲット&プラット)

家庭用家具等のデザインと製造を行う会社。

一般消費財セクター。

配当貴族銘柄。

  • 株 価:42.96ドル
  • 利回り:3.76%
  • 配当月:1,4,7,10月

BB+の格付け

KHC(クラフト・ハインツ)

米国の大手加工食品メーカー。

ハインツのケチャップで有名。

生活必需品セクター。

  • 株 価:37.48ドル
  • 利回り:4.11%
  • 配当月:3,6,9,12月

配当貴族、配当王については次の記事をご覧ください。

【米国株】配当貴族と配当王銘柄

各配当月については次の記事をご覧ください。

【米国株】配当月1,4,7,10月銘柄

【米国株】配当月2,5,8,11月銘柄

【米国株】配当月3,6,9,12月銘柄

S&P信用格付けは、米国会社四季報2020秋冬号を参考にしています。

2021年2月21日時点の株価を参照。

株価、利回りは「Investing.com」を参照。

まとめ

【米国株】S&P信用格付けについてでした。

米国株を選定する際の一つの情報として参考にしていただければ幸いです。

紹介してきた銘柄以外のS&P信用格付けについて知りたい方は、米国会社四季報を読んでみることをおすすめします。

米国企業の財務や業績などの情報が詰まった1冊です。

この記事を書く際に参考にした書籍ですので、気になる方はぜひ購入の検討をしてみてはいかがでしょうか。

それでは、また。

2021年7月3日にKindle出版しました。

Kindle Unlimitedご利用の方に推奨します。

Kindle Unlimitedに初めて登録される方は
初回30日間無料体験あり。

この機会にぜひ登録のご検討を!!

きっとあなたの読みたい本が見つかります!!

投資にはリスクをともないます。

株価下落リスク、減配・無配リスク、為替リスクなど様々なリスクがあります。

投資する際には十分承知の上、自己責任でよろしくお願いします。

関連記事