高配当

【高配当】米国ETFオススメ銘柄3選

こんにちは、ヨッシーです。

あなたは、米国株投資に興味がありますか。

米国株と聞くと、リスクが大きいんじゃないかとか何だか難しいイメージがあるかと思いますが、実際は簡単です。投資なのでリスクは日本株と同様ありますが、個別株に投資を行うより、リスクを軽減できるのがETFの存在です。

今回は、ETFの概要と米国ETFの中で高配当と呼ばれるおすすめ銘柄3選を紹介します。

気になる方は、ぜひ最後までご覧ください。

まず始めにETFとは?

ETFとは、Exchange Traded Funds 略称。上場投資信託とも呼びます。

個別株の場合、1社に対しての投資ですが、ETFの場合は個別株が何社も集まった集合体です。

ETFに投資をすれば、あらゆる企業に投資をしているとも言えます。

なので、1社の個別株が倒産や上場廃止になった場合でも、ETFの場合は、集合体なので株式が紙切れにはならず、その価値は存在します。個別株の場合は、その時点で紙切れと化します。

もし、ETFに含まれる企業が全て同時に上場廃止になれば、紙切れと化す場合もあるでしょうが、その確率はものすごく低いと感じます。

これがリスクが軽減できる理由です。

オススメ銘柄3選

SPYD

  • 運用会社:ステートストリート
  • 上位セクター:金融、不動産、公益事業
  • 経費率:0.07%
  • 組入銘柄数:79
  • 株 価:39.59ドル
  • 配当利回り:4.03%
  • 配当月:3,6,9,12

VYM

  • 運用会社:バンガード
  • 上位セクター:金融、ヘルスケア、生活必需品
  • 経費率:0.06%
  • 組入銘柄数:413
  • 株 価:105.45ドル
  • 配当利回り:2.85%
  • 配当月:3,6,9,12

HDV

  • 運用会社:ブラックロック
  • 上位セクター:ヘルスケア、エネルギー、通信
  • 経費率:0.08%
  • 組入銘柄数:74
  • 株 価:95.97ドル
  • 配当利回り:3.38%
  • 配当月:3,6,9,12

※2021年9月12日時点の株価を参照。

※株価、利回りは、「Bloomberg」より参照。

※ステートストリート、バンガード、ブラックロック、この3社を総称して世界3大資産運用会社と呼びます。

※経費率(信託報酬)は、保有時にかかる手数料のこと。どれも0.1%を切っているので割安です。

どのETFを買うべきか?

配当利回り、買いやすさを重視するならSPYD

1株およそ4,000円程で購入可能。(2021年9月12日時点の株価)

ただ減配もしているので注意が必要。

リスクを軽減するなら組入銘柄数413のVYM

銘柄数が多いので、分散リスクが取れます。

エネルギー、通信セクターに投資したい方はHDV

ここ最近、エネルギー銘柄は減配等もしているので注意が必要。

ちなみに私は、SPYDとVYMを保有。

エネルギー、通信セクターへは個別株での運用をしているため、HDVへの投資は控えました。

まとめ

高配当米国ETFを3銘柄紹介しました。

個別株に投資するより、リスクを軽減できるのがETFの特徴です。

米国株を始める方は、まず個別株の前にETFへの投資を検討してみてはいかがでしょうか。

それでは、また。

その他の米国株に関しては次の記事をご覧ください。

【高配当】米国株〜BDC銘柄〜

【税制優遇】米国株〜ADR銘柄〜

【米国株】配当貴族と配当王銘柄

【米国株】S&P信用格付け

投資にはリスクを伴います。

株価下落リスク、減配・無配リスク、為替リスクなど様々なリスクがあります。

投資する際には十分承知の上、自己責任でよろしくお願いします。

バカでも稼げる「米国株」高配当投資

高配当株に興味がある方は、一度読んでみることをオススメします。

よろしければ応援クリックして頂けると
↓めっちゃ嬉しいです↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

にほんブログ村