株主優待

【株主優待】毎月優待を実現するならこの銘柄

こんにちは、ヨッシーです。

あなたは、株主優待が毎月もらえるとしたらどのように感じますか?

私は、毎月の楽しみができて、モチベーションUPにつながると感じます。

そこで、今回は日本株式のメリットでもある株主優待を毎月GETするためのポートフォリオを作りたいと思います。

毎月優待を作るにあたって、前提条件として年2回株主優待を実施している銘柄を紹介します。

なので合計6銘柄の保有で実現可能です。

その中から厳選した銘柄をこれから紹介していきますので、

毎月優待に興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

厳選6銘柄

私が厳選した6銘柄はこちらです。

  • 不二電機工業
  • 日本BS放送
  • ヤマダホールディングス
  • ファースト住建
  • タマホーム
  • すかいらーくホールディングス

それぞれ見ていきます。

不二電機工業

電機制御機器専門メーカー。

  • 株   価:1,313円
  • 権利確定月:1月/7月

優待内容

クオカード。

  • 100株保有時
  • 500円相当
  • 継続保有3年以上
  • 1000円相当にUP

日本BS放送

BSデジタル放送を行っているビックカメラグループの衛星基幹放送事業者。

  • 株   価:1,091円
  • 権利確定月:2月/8月

優待内容

ビックカメラグループで利用できる商品券。

  • 100株保有時
  • 1000円相当
  • 継続保有1年以上(8月のみ)
  • 1000円相当追加

ほとんどの商品券(優待券)はお釣りが出ないと思いますが、日本BS放送の優待に関しては、噂によるとお釣りが出るみたいです。(私はまだ未検証です)

※継続保有1年以上で最大年間3000円相当の優待がもらえます。

ヤマダホールディングス

日本最大手の家電量販店チェーン。

  • 株   価:548円
  • 権利確定月:3月/9月

優待内容

ヤマダ電機等で利用できる優待買物券。

  • 100株保有時
  • 3月→1000円相当
  • 9月→2000円相当
  • 継続保有1年以上
  • 3月→1500円相当追加贈呈
  • 9月→500円相当追加贈呈
  • 継続保有2年以上
  • 3月→2000円相当追加贈呈

※継続保有2年以上で最大年間5500円相当の優待がもらえます。

※優待買物券は、1000円毎に1枚(500円相当)利用できます。

※2021年3月分より長期優待が廃止されます。

※100株保有時で年間1,500円相当に改悪となります。

※内訳 500円相当(3月末)、1,000円相当(9月末)

ファースト住建

日本の不動産会社。

  • 株   価:1,033円
  • 権利確定月:4月/10月

優待内容

クオカード。

  • 継続保有1年以上
  • 500円相当

※継続保有1年以上の縛りがあります。

タマホーム

日本の住宅メーカー。

  • 株   価:1,472円
  • 権利確定月:5月/11月

優待内容

クオカード。

  • 100株保有時
  • 500円相当
  • 継続保有3年以上
  • 1000円相当にUP

すかいらーくホールディングス

ガストやバーミヤンで有名なファミリーレストランチェーン。

  • 株   価:1,597円
  • 権利確定月:6月/12月

優待内容

優待食事割引カード。

  • 100株保有時
  • 2000円相当

※株価は2020年12月30日時点のもの。

優待内容に関しては、100株保有時のみの内容を記載しております。

クオカード優待に関しては、改悪の恐れもあるので投資する際には、自己責任の上でよろしくお願いします。

上記銘柄の中では、日本BS放送ヤマダ電機を100株保有中。

それ以外は単元未満株で保有。(すかいらーくHDは未保有)

いずれ単元株化したいですね。

毎月優待の実現にオススメの証券会社

株主優待を獲得するためには、単元株(100株)保有する必要があります。

資金がある際は、その都度100株購入すれば大丈夫なんですが、ない場合はコツコツ投資で100株を目指すやり方もあります。

そのやり方が、

単元未満株単元株化計画

詳しくは上記の記事リンクをご覧ください。

その際にオススメしたい証券会社が

SBIネオモバイル証券

です。

SBIネオモバイル証券の特徴は、

  • 月額220円(税込)で月50万円までの取引が可能
  • Tポイントが毎月200ポイントもらえる(実質20円で取引可能)
  • Tポイントを使って株式が買える
  • 個別株の積立投資ができる
  • ひとかぶIPO(新規公開株式)に申し込める

SBIネオモバイル証券について詳しくは、

SBIネオモバイル証券をオススメする理由

の記事をご覧ください。

SBIネオモバイル証券を利用し、

単元未満株単元株化計画を実践するのもいいかもしれません。

まとめ

毎月優待実現のために厳選した6銘柄を紹介しました。

まとめると

  • 不二電機工業
  • 日本BS放送
  • ヤマダホールディングス
  • ファースト住建
  • タマホーム
  • すかいらーくホールディングス

以上となります。

上記以外にも調べるといろんな優待銘柄が存在します。

そんな時に役立つのが株主優待ハンドブック。

一冊あれば優待銘柄を網羅できます。あなたの欲しい優待が見つかるかもしれません。

コツコツ投資で1株ずつ買っていけば、いずれ100株には到達します。

100株達成すれば、株主優待がもらえます。(実施している企業に限る)

1株からでも投資をしていき、100株達成を目指しませんか?

株主優待をもらえる喜びをぜひ体感して欲しいと思います。

毎月優待が実現すれば、毎月の楽しみが増えてモチベーションUPにつながるかもしれません。

あなたもコツコツ投資で毎月優待の実現を目指してみてはいかがでしょうか。

それでは、また。

紹介した銘柄は、あくまでも私個人の見解です。

投資にはリスクをともないます。

株価下落リスク、減配・無配リスク、優待廃止リスクなど様々なリスクがあります。

投資する際には十分承知の上、自己責任でよろしくお願いします。

よろしければ応援クリックして頂けると
↓めっちゃ嬉しいです↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

にほんブログ村
関連記事